一般的に細い毛や産毛などの色素が薄い毛と言うのは医療レーザーを照射しても脱毛の効果が薄いと言われていました。最近は、精度の高い医療機器が登場したことにより、従来と比較すると脱毛の効果も高くなっていると言います。医療レーザーの光の出力と言うのは高いのですが、肌に照射してもダメージを与える事なく発毛組織に光を届け、そこで熱エネルギーに変換をして発毛組織を破壊出来ると言うメカニズムが有ります。

これは、毛に含まれるメラニン色素が大きく関与しているのです。医療レーザーの光と言うのは、黒いものに強く反応を示すため、小麦色の肌など日焼けをしている場合には照射が出来ないと言います。

日焼けした状態で医療レーザーの光を照射すると、肌に光が分散してしまい、火傷をなどのリスクがあるからなのです。皮膚の奥にあるメラニン色素に強く反応を示すため、産毛などの毛に対する効果が薄いのですが、メラニン色素は熱を蓄えて発毛組織が壊されるメカニズムでもあり、産毛にはメラニン色素が少ないため脱毛の効果を期待出来ないと言われていたのです。尚、発毛組織は破壊されてしまう事で再生機能が停止する事になるため、再び同じ場所から毛が生えて来ない、永久性を得られると言うメリットが有ります。