顔の産毛を脱毛すると、肌色が明るく見えますし、メイクのノリもよくなります。さらに毛がなくなった毛穴はキュッと引き締まるため、なめらかできれいな肌になるというメリットもあります。

なめらかな肌は光が反射しやすくなり、細かなアラが見えにくくなってよりいっそう美しく見えます。そのためサロンやクリニックで顔の脱毛を希望する人も多くなっています。ただし、他の部位に比べて施術の回数を多くする必要があるので注意が必要です。

なぜ回数がかかるかというと、産毛は他の体毛に比べて色が薄く、レーザーや光が反応しにくいからです。レーザーや光は毛の黒い色に反応し、吸収されて毛根と毛の再生組織を熱によって破壊します。

毛の色が薄ければそれだけ作用しづらくなるので、その分出力を高める必要がありますが、顔というデリケートな部位でもあり、最適なレベルに調整するのも難しく、そのため回数が多くかかってしまうのです。通常の毛の処理であれば、医療用のレーザーなら6回で完了します。効果の弱いサロンの光脱毛でも、5~6回施術すれば大分目立たなくなり、10~12回程度で自己処理はほとんど不要になります。

産毛の場合はこれより少し多めに考えておいた方がよいでしょう。